[本物の痴漢日記]

Home > 被害者:自分

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.10 Fri 美人痴女に怒涛の口内発射

某月某日、夜。
ボクは日帰り出張の帰り新大阪から新幹線に乗っていました。平日の夜だったせいか、自由席には空がいっぱいあり、ビールでも飲みながらゆっくりしていました。
1時間ほど乗っていたでしょうか、疲れと酔いでウトウトしていると、隣の席に誰か座る気配がしました。たぶん、名古屋辺りで乗ってきた乗客でしょうか。
指定席ではなく、空いている車内でおかしいなと思って、薄目を開けて見ると30歳くらいのベージュのスーツを着たキャリアウーマン風の女性が座っていました。
何だろう思っているとボクの方に体を寄せ、突然、ボクの膝の上に手を乗せ、弄ってきました。
ボクは「痴女だ!」とすぐに直感しました。注意しようとしましたが、いつもボクがしていることですし、キレイな人だったのでそのまま身を任せてみることしました。
なんせ、痴女に遭うなんて、「本番までOK娘」に出会う確率まで低いのですから。
しばらく寝た振りをしていると、その手が内ももを通り、玉袋の方から撫で上げるように股間を触ってきました。その手付きにボクは緊張と興奮に、恥ずかしいくらいボッキさせてしまいました。

[More...]

恋愛に飢えている
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。