[本物の痴漢日記]

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 被害者:OL > 競馬場でOL風2人にW痴漢

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.08.16 Tue 競馬場でOL風2人にW痴漢

某月某日、11時頃。
痴漢というと電車やバス、路上などと思われがちですが、ボクはチャンスがあればどこでもします。特に満員電車のように人が多いところを狙って出かける時もあります。
今回は、競馬場での話です。次回は、年末年始での成果をリポートしようと思ってるので楽しみにしていて下さいね。

競馬場での狙い目は、秋から冬にかけてのGⅠレースの開催日です。
特にレースの規模やネームバリューが大きければ大きいほど人が集まりますので、行かないわけには行きません。それに、ここ数年、女性客も増えてきてますしね。
競馬場に行くからには、前日にたーっぷり予想をしていき、入場したらすぐ全レース、馬券を買います。
なぜなら、1レース1レース、パドックを見て、並んでなんてしてると獲物の物色もできませんし、注意散漫になって、痴漢も馬券もボロボロになってしまいます。だから、前日予想で、すぐ馬券購入してから、ゆっくり獲物を物色します。
猥褻倶楽部

競馬場は大きく分けると、レース前の馬を見るパドックと、馬券を買う売り場、レースを見るスタンド、売店や休憩所などです。競馬場の大小や場所によっては、芝内や特設スタンド、大型ビジョン、指定席など様々な施設があります。
この中でも、人の流れが一番多いのが馬券売り場です。でも、ここでお触りするのは非情に難しいので避けます。
パドック前が穴場と思われがちですが、レースによっては意外とガラガラだったり、女の子が少ないなど痴漢スポットとしては難しい場所です。となれば、やはり観戦用のスタンドです。
最前列まで行けば熱狂と混雑に痴漢は楽勝ですが、女の子が少ないという欠点もあるため、なかなか狙えません。
物色中に最前列の方に行く子を見つければ別ですが、確率としては非常に低いです。でも、そこで狙えれば、かなりの勢いでいけます。
だから、スタンド席です。
ボクは1人ないし2人連れの子を探します。できれば、コートを着ている子がベストです。しかも、大人しく触っても騒がない子です。

猥褻倶楽部

といっても、競馬場に来ているくらいですから、いわゆる電車内でいうOKギャルとはタイプがまったく異なります。ここの見分け方が、また難しいです。
これは、文章でどうと説明するのは難しいのではぶきます。
安全を第一に考えると、おいしい獲物を探すためには時間を惜しみません。日によっては、誰も触れない事もあります。

午後になり、メインレースが近くなってくると人がドッと増えてきました。人込みで触る事も比較的楽になってきます。どんどんスタンドに入ってくる人込みの中に、良さそうな子を発見しました。しかも、2人連れです。
ちょっと危険かと思いましたが、2人ともOKそうな子だったので行くことにしました。
黒の膝丈のタイトスカートに白のハーフコートで、ベージュのパンストに黒のブーツを履いています。髪はロングで少し茶色かかっています。もう1人は、ベージュのパンツに黒のジャケットで、少しウェーブかかった髪です
年齢は2人とも20代前半で、両方とも冴えない事務員風です。でも、見ようによっては、そこそこイケそうな感じです。

猥褻倶楽部

まず、スカートの子に狙いを定めました。
背後にそっと近づくと、混雑を装って、手の甲で彼女のお尻をそっと触れました。当たり前ですが、気付いていません。
彼女の背後を何度か行き来し、その度に手の甲や手の平などでお尻を触れました。でも、背後を気にする事無くレースを見ています。
ボクは意を決し、彼女の背後を陣取ってレースを見る事にしました。いいや、痴漢する事にしました。
その後も何度か彼女のお尻に手の甲を当てました。それまでは、通行の混雑という感じで一瞬だったのですが、後についてからは、タッチの時間を微妙に長くしたり、強さを強くしたりしました。そうすると彼女も気付いたようです。少し後を気にするような仕草を見せました。
が、幸い振り向いたりすることはありませんでした。
でも、友達との会話でバレると大問題に発展する危険もあるため、矛盾しているようですが、スカートの彼女への攻撃を本格的に移しつつ、パンツの子のお尻にも攻撃をしかけました。

猥褻倶楽部

スカートの子にはお尻のラインに沿うように手の平を添えて、指先に少し力を入れて、ゆっくり撫でます。もう、完全な痴漢です。
彼女はこれによって、急に友達との会話を止め、俯いてしまいました。
友達は「?」というような感じで彼女の顔を見ましたが、その子のお尻にも手の甲で撫でるような感じで攻めました。
パンツの子は友達が痴漢されているのだと気付いたようですが、それは同時に自分も痴漢されているのだと気付いたようで、彼女もレースを見ずに俯きました。

ボクはいけると判断し、2人のお尻をゆっくりたっぷり撫で回してから、谷間に這わせるように指を割れ目の方に滑らせていきます。2人とも顔を真っ赤にさせて、俯いています。
お尻の谷間を何度も往復するように手を滑らせます。特に触りやすいパンツの子の谷間は何度も往復させました。
スカートの子の方は、徐々にスカートをたくし上げ、パンスト越しにお尻を撫でます。冷たく冷えていた指先があったかなお尻に触れ、心身共に癒される感じです。

猥褻倶楽部

こちらも、アソコを触りやすくなったので、パンスト越しにアソコを撫でます。
すると、じわーっと熱くなってくるのがわかりました。
しかし、その瞬間、彼女が「ダメ!」と声を出したため、友達も我に返り、ボクの手を払うと、スカートの子の手を取って、雑踏の方んじ走っていってしまいました。

追いかけられないと判断したボクは、トイレにダッシュして、感触を忘れないうちにオナニーをしました。
そして、たっぷりザーメンを手の平に出し、トイレから出てから、キレイな子を探して、スカートにたっぷり擦りつけました。
それからメインレースが終わるまでに1人の子のお尻をたっぷり触ってから帰りました。
2人同時痴漢は、万馬券が当るかどうかくらいの確率なので、超幸せでした。
今年の競馬痴漢はどうなるのでしょうか。
いい成果が出たら、また投稿します。

猥褻倶楽部

ランキング→人気アダルトBLOG+FC2 Blog Ranking←に投票下さい
関連記事

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
恋愛に飢えている
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。