[本物の痴漢日記]

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 被害者:OL > 拒否気味OLをオヤジに横取りされ……

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.10 Thu 拒否気味OLをオヤジに横取りされ……

某月某日、夜。
台風が直撃したせいもあって、電車も何度か線路上で止まったり、駅から出発しなかったりと、交通機関はほとんどマヒ状態でした。
こんな日は、違う意味で痴漢日和です。
ボクは電車でたっぷり楽しんだ後、家に帰る為、最寄の駅からバスに乗る事になりました。バスは電車と違って、狙った獲物の背後を獲るのは非常に難しく、しかも狭いので乗ってから移動するのも容易ではありません。
しかし、ボクは行列の3人前にいい女を見付けてしまいました。歳は23歳くらいのOLでしょうか。合皮風のベージュのタイトミニとジャケット、黒のブーツの後姿が興奮させてくれました。順番にバスに乗り、強引に彼女の背後に付きました。
ドアが閉りバスが発車しました。ボクは揺れに合わせて、まずは手の甲でお尻に軽くタッチしてみます。超満員で揺れが激しいせいか、気付いていないようです。
今度は、わかりやすくする為に、傘の柄をお尻の割れ目に食い込ませるようにしてみました。すると、さすがに怪訝そうな顔をしてこちらを見て、手で払おうとしました。

正直、微妙な反応です。顔だけの許否であれが、ボクの中ではOK娘なのですが、手で払われると今後の許否反応で回りに気付かれてしまうという危険があるからです。
ボクは「あっ、すみません」というような感じで、傘の柄をどけました。そして、再び傘の柄を握った手の甲でお尻を触ります。少し強めに押したりします。
何度か、こちらを見る様子を見せます。ボクは、緊張しながら今度は手の平に返し、手の平全体を押し付けるように触りました。不可抗力を装おう為、彼女の背後に全体重をかけて、押されていることをアピールします。
それでもこちらを何度かチラチラ見ますが、満員なんだからしょうがないだろ。という顔をしてみせます。
それにしても、渋滞しているのか全然バスが進みません。それに少し動いたかと思えば、また止まるの連続で、たまにバスがガクガクと揺れます。その揺れを利用して、さらに押し付けたり、指先に力を入れて揉みます。
彼女は軽蔑の眼差しを投げ掛けてきますが、チンチンがこうなってるんだからしょうがないだろと言わんばかりに、ビンビンになったモノも押し付けます。


それでも、目で抵抗する程度で声を出さないので、ムシムシする車内でボクはついに彼女のスカートを捲くり始めました。そして、指先でサワサワと太ももやお尻を撫でていきます。
もう少しで敏感な場所という時に、隣りのオヤジに気付かれたみたいで、そのオヤジも彼女に手を伸ばしてきました。彼女のアソコの当りで、オヤジの指と何度かぶつかりました。
ボクは、これ以上の攻めを諦め手を引き、ボッキを押し付けるくらいに留まりました。
オヤジの方は調子に乗って触っているらしく、彼女も体を大きく振って抵抗を始めました。腰を左右に振り、足をジタバタさせました。
バスが揺れているなら不自然な事はありませんが、停車中でこの動作は回りから見れば不自然過ぎます。
彼女は何度もこちらをキッと睨みましたが、ボクは白々しい顔をして、両手で吊り革を握り、ボクじゃないんだけどなぁという顔で見返しました。
でも、彼女はボクがしていると思っているようなので、バス停に着くや否やそそくさと逃げてきました。
あのまま声を出されていたら、回りにも完全にボクの仕業だと思われたかもしれません。その後、彼女とオヤジはどうなったか知りませんが、正直、危ないところでした。


ランキング→人気アダルトBLOG+FC2 Blog Ranking←に投票下さい
関連記事

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
恋愛に飢えている
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。