[本物の痴漢日記]

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 被害者:人妻 > 同僚の新妻を隠れ痴漢(2)

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.09 Sun 同僚の新妻を隠れ痴漢(2)

奥さんはボクのチンチンを見上げると、「ああ、すてき、どうしてこんなに大きいままなんですか…ああぁ、私、怖い、わ…」と、視線をからませる。
ボクは、いきり立ったチンチンを突き出して「欲しいのか?」と、強気に聞くと、「ダメ、それ以上は…」と小さく言いましたが、逃げる様子も拒否する様子もありませんでした。
奥さんを立たせ、ブラウスのボタンを外して脱がせました。おっぱいの谷間にはうっすらと汗がにじんでいて、もわっと発情した女独特の体臭が漂ってきました。
Mっ気がありそうだったので、さらに羞恥心を高めようと、ボクは奥さんの腕を掴むと上に上げて脇の下を露出させました。
奥さんは「いやっ」とビックリして初めて抵抗を見せましたが、腕を引くよりも早く脇の下に鼻を押し付けて匂いを嗅ぎ、ペロペロと舐めました。なんとも言えない匂いと味がボクを極限にまで興奮させました。
ボクは、両方の脇の下を味わうと「美人だと、脇の下もきれいでおいしんですね」と耳元でささやきました。奥さんはうらめしそうな表情で、「いやっ」と声を出しますが、あいかわらずボクのされるがままです。
痴漢電車

ボクは奥さんを後ろ向きに立たせると、パンティを脱がしてから、お尻の肉を開いてアナルに鼻を埋めました。奥さんは「いや、そ、そんな、汚いわ」と言いますが、その声は弱々しく小さなものでした。
でもボクは、「そんな大きな声を出すと、みんな起きてきてしまいますよ」と意地悪く言うと、「ああ、そ、それは…」と、顔を真っ赤にさせて俯きました。ボクは確実に手に落ちたと核心しました。
ボクは、さらに「ここもグショグショで、指で動かすだけでいやらしい音がして、みんなを起こしてしまいそうですね」とか、「ほら、こんなに濡らして、ちゃんと××クンとはSEXしてるんですか?」とか、「こんなに熱くなって、ヒクヒクして、何か欲しがってるみたいですよ」と畳み掛けていきます。
奥さんは「も、もうやめて…いやらしいこと、言わないで…」と、目を潤ませて訴えてきますが、やはり言葉だけです。
今すぐにでも奥さんのアソコにブチ込むことはできましたが、ボクは末永くお付き合いしたいと思い、どうしても奥さんの口から「入れて下さい」と言わせたかったのです。
それからボクは、奥さんの耳や乳首、クリトリスを焦らすように攻め続けると、「ちょっとだけ、ちょっとだけなら…」と根負けしました。

痴漢電車

ボクは、その言葉を聞くと間髪入れずに、バックから奥さんのアソコにズブリと挿入しました。深々と突き上げてから、ギリギリまで引き抜き、また奥まで突くと、最初はゆっくりと腰を動かして膣内の感触を味わいました。
すると奥さんは「もっと激しく突いて、お、おねがい…」と懇願してきました。ボクは「美人のくせにいやらしいんですね」と皮肉たっぷりに言ってから、動きを速めました。
「ああ、いいー。気持ちいい…たまらないわ…」
どんどん乱れていく奥さんにさらに意地悪しようと「ちょっとだけっていう約束だから。これ以上すると、××クンに悪いし」と、チンチンを抜こうとすると「いや、抜かないで」と、ボクの腰に手を回してつかみ、お尻もグイグイと押し付けてきました。
構わずに抜くと、「ど、どうして、どうしてやめちゃうの?今、やめられたら私…つらいです」と涙を浮かべてきました。隣りの部屋で旦那に寝ていると言うのに他人のチンチンの懇願です。
「自分が気持ちよくなりたいだけ?それともボクのことが好きだから?」と意地悪な質問をすると、奥さんは少し困ったような表情をしましたが、ビンビンにボッキしているチンチンを目の当たりにして、引き下がれなくなったのでしょうか、「○○さんのことが好きです。だから、抱いて下さい」と、SEXしたい一心で訴えてきました。

痴漢電車

ボクは、やっと勝利を確信しました。これで奥さんはボクの奴隷になったも同然です。ボクは勝ち誇ったように「そんなにボクのことを思ってるなら、今日からボクの女だ。いいね」と聞くと、「はい。私は○○さんの女です。だから早く愛して…」と答えました。
ボクは待ってましたとばかりに、奥さんの手を取ると、2階にある夫婦の寝室につれていき、ダブルベッドに寝かせると、今度は乱暴に欲望にまかせて腰を振りました。奥さんは声の心配がなくなったからか、「あん、激しい。もっと、もっと、あああぁぁー」と乱れまくりました。
ボクは何度も極限を向かえていた手前、どんどん熱くとろけてくる奥さんの膣にガマンできなくなり「お、奥さん、中に、中に出すぞ」と言いながら逃げられないようにきつく抱きつくと、「いいわ、出して。いっぱい出して。○○さん愛してる、私の子宮に出して~~」と絶叫し、ギュっと膣を締めてくるのでドピュっと大量に発射してしまいました。

痴漢電車

それ以来、奥さんは同僚ともSEXをしているようでしたが、週に1,2度はボクとSEXするようになりました。それは夫婦の寝室の時もあれば、キッチンやリビング、ラブホテルの時もありました。
そして先日、妊娠3ヶ月であることを教えられました。まだ、どっちの子供かはわかりませんが、奥さんは産むそうです。

ランキング→人気アダルトBLOG+FC2 Blog Ranking←に投票下さい
関連記事

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
恋愛に飢えている
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。